コクトカイ案内
トップ > 日本の言語
  コクトカイ景勝地はアルタイ山脈の南麓、ウルチス河の源に位置して、ウルチス河谷割れ目の西側から来た寒湿気流が風を受ける坂の上にあり、そこでここの雨雪は豊富し、森林はすきまなく広がって、草原は生い茂っている。 アルタイ山は森林26万ヘクタールがあって、森林被覆比率は22.44%に達成して、草原1053万ヘクタールがあって、それは西北極度乾燥地区の1基巨大な「広々とした砂漠・濡れる島」である。冬のコクトカイ景勝地、「千里氷結、万里雪降る」、「樹海雪原」の雄壮で美しい光景を呈する。夏のコクトカイ景勝地、気候はさわやかで心地良くて、幾重にも連なった峰々の深緑森林、花は錦如しの高山草原、このようなの生態景観はその他の地区の景色と大いに異なる。 秋の時、シベリア赤松、シベリアモミ、シベリアトウヒ、シベリアカラマツ及びのヨーロッパ樺などの樹種が入り乱れている色を激しく変わって、秋のコクトカイ景勝地のために更に美しいさを増やした。
  コクトカイ景勝地は、超大型が花崗岩質ペグマタイ(Granite pegmatite)希少金属鉱山、富蘊大地震遺跡とウルチス河の変質花崗岩地形を特色にして、大量の貴重な地質遺跡と地質景観を保存して、多数の世界唯一性の栄誉を持ってある。 公園の中には8か所の緑柱石産地があって、世界のめったにない超大型希少金属鉱山「3号鉱坑」があって、発見された希少金属鉱物元素は84種類に達して、現在世界で既知の最大と最も典型的な希少金属鉱山を含む花崗岩質ペグマタイ岩脈の一つである。
  千百年以来、コクトカイがその豊富な資源特産物、美しい高山風景、悠久の歴史源、伝奇的な草原文化、古風・質朴的な人文特色によりかなり有名になった。